ふとんのメンテナンス

羽毛工房ってなぁに?
「羽毛ふとんダウン投入機」を設置して、お預かりした羽毛布団をしっかり個別管理してお選びいただいた側生地の「1マス1マス」に計量しながら再投入してリフォームしたり、使う人のご要望やお部屋の寝環境に合わせた使う人に「ピッタリ」のオーダーメイド羽毛布団を手作りするお店です。

羽毛ふとんリフォーム

お預かり(おふとんの診断書を作ります)

30種類以上の生地からお好みの柄・色をお選びいただきます。

側生地から中羽毛を取り出します。取り出す時、だんご状に固まった羽毛を拡はんさせるシリンダに通す際、骨粉などの除塵をします。

傷みがひどいダウンや、ダウンの汚れがひどい場合はダウンウォッシュ
(本洗い)をします。

「E・Mリフレッシュクリーンシステム」を導入
「羽毛工房」は、完全洗浄・完全除塵が出来る、ドイツ製の「E・Mリフレッシュクリーンシステム」を導入している専門の洗濯工場と契約を結んでいます。日本に数台しか導入されていない最新の機械で、高機能洗剤による汗などの汚れ、雑菌などを完全に洗浄し、更に乾燥冷却を施すことにより、羽毛本来のふんわりした状態に復元・回復させるシステムです。すべての行程で、3度の除塵と2度の殺菌が行われる、完璧なシステムです。

ダウンの残量数を計算して目減り分の足し羽毛の質・量も含めて お作りする羽毛ふとんの、どのキルトのどの部位に何g投入するかという 「設計図」を作ります。

羽毛の残量と設計図の一例

8種類のキルトから縫製加工した側生地に、 店内の羽毛ふとん製造機でしっかり計量しながら、 キルトの1マス1マスに投入していきます。

制作工程の1コマ

投入口を縫い、検品して出来上がり

リフォーム前・リフォーム後


コース

羽毛ふとんの日頃のお手入れは、月に2,3回カバーなどで覆って片面1時間くらいずつの日干しをし、使用しない夏のあいだは通気性のよい綿素材の生地(古くなったカバー等)で包んで押入れの上の方に収納、そしてときどきは風通しのいいところで陰干しをしてあげてください。羽毛ふとんは呼吸しています。ふとん圧縮パック等での密閉状態はよくありません。ダウンが傷み復元力が後退します。
夏の暑いシーズンを除いて快適にご使用いただける羽毛ふとんは、なんといっても中身のダウンが命! 長年のご使用で寝汗,カラダの皮脂などの汚れがふとんの中に入りこみ、ダウンが劣化し塊るとフンワリと開くことが出来なくなり、羽毛ふとん本来の暖かさが出なくなります。ご使用から5年で丸ごと水洗いクリーニング、更に5年の10年でリフォームをされると、フンワリとサッパリした快適な羽毛ふとんを永く気持ちよくお使いいただけます。

羽毛布団のリフォームは現在お使いの中身のダウンがリフォームに適しているか?否か?これが一番大事なポイントです。ダウンの量が少なすぎる時や劣化の著しい時、またダウン比率が低い場合は、リフォームを控えた方がいい場合もあります。
市場に出回っている羽毛ふとんは、ダウン比率の高い90%のものでも数千円で買えるものもあれば、桁が2つも違う高価な羽毛ふとんまで様々にありますが、“ダウンの値段”が価格全体のおよそ6割を占めていてこのような価格の大きな違いが出ています。そして、その両者をリフォームする時、リフォームの工程も価格も同じになるので、リフォームした方が経済的かどうかは今お使いの中身のダウンの善し悪しが一番重要になります。
森ふとん店では、リフォームされる羽毛ふとんの状態を拝見したく、原則お持込みをお願いしております。遠方のお客様はお電話でご相談下さいませ。
羽毛のリフォームは取り出す時のロスや、また洗浄する時にも劣化した細かいダウンの流出により目減りして足し羽毛が必要になります。目減り量シングル200g以内、ダブル300g以内であれば上記の料金でお作り直しを致しております。

ページのTOPへ